すぐに使えるミョウバン水(100ml or 500ml)の作り方

すぐに使えるミョウバン水(100ml or 500ml)の作り方

足の臭いにミョウバン水が効く!ということで様々なサイトでミョウバン水の作り方が載っています。ですが、よく言われているミョウバン水の原液を用意して、それを10倍から30倍に希釈して使う、という方法は、少し面倒ですよね。

 

原液なんか用意せずに、いきなりミョウバン水を作る方法をお伝えします。といっても難しいものではなく、ただ分量を変えるだけなので誰でも簡単にできます。

 

 

ミョウバンとは

ミョウバンは水に溶けやすく酸性で、舐めると少し甘い性質があります。ミョウバンは食用に多く用いられ、焼き菓子に入れるとふっくらとした仕上がり、お好み焼きに入れるとパリッとした食感、漬物に入れると色合いが鮮やかに、と様々な用途で使われています。ミョウバンに馴染みがない方もいますが、スーパーで食品として普通に売っています。

 

 

ミョウバンの化粧への用途

古くからヨーロッパ、メキシコ、タイ、フィリピンと世界中でミョウバンの持つ発汗抑制、抗菌性の性質が認められおり、昔の人はミョウバン水を脇の下に塗ることで消臭していました。現在では、カリウムミョウバンもしくはアンモニウムミョウバンは様々な消臭剤の原料に使われています。

 

ミョウバン水はミョウバンの性質である汗を抑える効果、殺菌効果を用いて、足の臭いを撃退する方法です。

 

 

ミョウバン水の作り方

 

用意するもの

  • ミョウバン
  • 水道水
  • スプレーボトル
  • ペットボトル(不要)

 

 

すぐに使えるミョウバン水(100ml)の作り方

  1. スプレーボトルにミョウバン3gを入れる
  2. スプレーボトルに水100ml(100g)入れる
  3. スプレーボトルを良く振る
  4. ミョウバンは全て溶けきらなくても、1晩置いておけば全て溶けます

  5. 1晩置いておいたら完成!

 

 

すぐに使えるミョウバン水(500ml)の作り方

次にすぐに使えるミョウバン水500mlの作り方です。ミョウバンと水の量を変えるだけなので、簡単です。

 

  1. スプレーボトルにミョウバン15gを入れる
  2. スプレーボトルに水500ml(500g)入れる
  3. スプレーボトルを良く振る
  4. ミョウバンは全て溶けきらなくても、1晩置いておけば全て溶ける

  5. 1晩置いておいたら完成!

 

 

まとめ

ミョウバン水の使い方はいたってシンプルです。ただ、足にスプレーして、タオルで軽く水を拭き取れば終わりです。

 

ただし、ミョウバン水を使ったからといって足のニオイの根本対策にはなりません。確かにミョウバン水は足のニオイ対策にはなりますが、臭いが無くなるということにはなりません。足のニオイを根本から止めるには、やはりそれなりのものが必要になります。ここでは足専用のデオドラント、ノーノースメルをおすすめします。

 

足のニオイ対策に効くノーノースメルを見てみる


関連ページ

臭い取りのミカタ重曹スプレー
臭い取りのミカタ重曹スプレー